HOME >>

ブログ

ブログ

射精で前立腺癌の発症リスクが低下?

2017年10月19日(木)

米国の研究機関が統計的に調べた結果

「多変量解析の結果、月21回以上の射精群は月4~7回の射精群よりも有意に前立腺癌の発症リスクが低かった。」という研究結果を発表しています。
つまり、「月21回以上射精(性交でも自慰でも)するひとは、月4~7回しか射精しないひとより前立腺癌の発症リスクが低い」という結果です。
また「本論文は観察研究であり、なぜ射精することで前立腺癌発症リスクが低下するのかは不明である。」と述べています。

今まで自慰行為に罪悪感を感じていた人は、これからは「前立腺癌の発症予防のためにオナニーしているんだ」と自信をもってオナニーができますね。

奥さんや彼女に対しては「癌予防のためにセックスした方がよい」という理由をうまく使って見て下さい。

バイアグラのフィルム薬が入荷しました。ファイザー社純正品です。

2016年10月28日(金)

紙のようなフィルムタイプですので、水なしでなめるだけで溶けてなくなります。フィルム状で薬には見えないので、人前で使用しても、ED薬を使っていることが気づかれません。この薬は当院医師による治療の一環として処方可能な薬です。
ファイザー純正品 1枚2600円 1回分1300円
ジェネリック製品  1枚2000円 1回分1000円

ハイパーボリュームヒアルロン酸を導入しました。

2016年6月02日(木)

ハイパーボリュームヒアルロン酸は、今までのヒアルロン酸に比べて圧倒的なボリュームアップができます。1ccでも亀頭が十分に大きくなります。亀頭を最大限に大きくされたい場合は、2ccまで注入が可能です。亀頭増大のハイパーボリュームヒアルロン酸は、1ccで12万円です。

トイレの前に手を洗いましょう 第2話

2015年11月19日(木)

前回「トイレの前に手を洗いましょう」を記述しましたが、その後、トイレの後で手を洗わない人が15%もいると消費者庁が発表してhttp://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H4A_T11C15A1CR0000/、ネットでは「悲報」などとしてこのニュースが報じられました。「大便の後のみ手を洗わない」が3.0%「大便・小便後ともに手を洗わない」の5.1%もいるとのことで、これらの人の存在は「悲報」でしょう。大便には、健康な人でも大腸菌など細菌が大量に含まれていて、トイレットペーパーを10枚近く重ねないと手に大便中の細菌が付着するという報告もありました。インフルエンザやノロウイルスに感染している人の大便にはこれらのウイルスが大量に含まれています。大便の後に手を洗わず、その手で色々なものに触れば、これらのウイルスがドアノブやエレベーターのボタンに付着します。それらを触った別の人にこれらのウイルスが付着し、感染するの可能性があります。だから大便の後に手を洗わない人がいることは「悲報」でしょう。一方、小便の方はどうでしょうか?特別な感染者以外の小便には細菌やウイルスはいません。だから小便の後に手を洗わないのは、医学的には全く問題ありません。問題は小便をする前に手を洗わないことです。インフルエンザやノロウイルスに感染している人が大便の後に手を洗わず、その手で触れ、それらのウイルスが付着したドアノブやエレベーターのボタンを別の人が触り、それらのウイルスが付いた指で小便時に泌尿器を触ることになります。ウイルスは粘膜や目に見えないような皮膚の小さな傷から体内に感染します。女性で小便の場合は、手を泌尿器に直接触らないので問題ないでしょう。男性の場合は、直接手で泌尿器を触るので、感染する可能性があります。消費者庁も、トイレ後のことだけでなく、トイレ前に手を洗うべきことを啓蒙すべきです。

トイレの「前」に手を洗いましょう

2015年8月04日(火)

先日ある女性アイドルが「トイレの後に手を洗わない」とテレビで発言して「汚すぎるアイドル」などと言われていました。アイドル本人曰く「(女性の場合、小便の時は)性器に触らないし、手を洗わない方が免疫力がつくので洗わない」と説明していました。これは医学的にある程度正しい事です。人間は常に細菌やウイルスに感染しています。それが少量なら免疫力があるため病気として発症しません。ただし感染量が多いと、免疫作用が追いつかず病気として発症します。ドアノブやエレベーターのボタン、お金などに触れば、手に細菌やウイルスが付きます。男性の場合、小便でも手で性器を触ることになりますので、手に付いていた細菌やウイルスは性器に付くことになります。それが少量なら免疫力が働き、病気として発症しないので問題ありません。ただし仮性包茎などで包皮が余っている場合、包皮と亀頭の間は、高温多湿の状態になっていますので、少量の細菌でも繁殖して、亀頭包皮炎や尿道炎などの病気として発症する可能性があります。したがって仮性包茎の方は、トイレの「前」に手を洗うか、仮性包茎の治療をおすすめします。

バイアグラのジェネリック・フィルム薬

2015年5月14日(木)

紙のようなフィルムタイプですので、水なしでなめるだけで溶けてなくなります。フィルム状で薬には見えないので、人前で使用しても、ED薬を使っていることが気づかれません。この薬は当院医師による治療の一環として処方可能な薬です。

ED外来 80代の方も!素晴らしいことです。

2014年12月11日(木)

当院のある月のED外来にご来院いただいたお客様の年代別割合を出してみました。
20代  6% ■■
30代    9% ■■■
40代  18% ■■■■■■
50代  28% ■■■■■■■■■
60代  31% ■■■■■■■■■■
70代    6% ■■
80代    2% ■
男はちょっとしたことで自信がなくなってしまうものです。20代の方は自信をなくして一時的にEDになる方が多いようです。80代の方もたくさんご来院いただいております。素晴らしいことです。ED薬で男の自信を回復して素晴らしい人生を楽しんで下さい。

新しいバイアグラのジェネリック薬

2014年10月27日(月)

新しいバイアグラのジェネリック薬が入荷しました。やはり1回分1000円とお安くなっております。効き目も純正バイアグラと全く変わりありません。

バイアグラのジェネリック薬品が入荷しました。

2014年6月30日(月)

バイアグラのジェネリック薬品、シルデナフィルが入荷しました。バイアグラと同じ成分、効果で低価格です。日本製の本物のジェネリック薬品ですので、安心です。偽物ではありませんので、当院でも処方できます。価格は1回分1000円です。

当院は料金変更なしです

2014年4月01日(火)

当院の料金はすべて消費税込みの料金になっております。
4月1日以降も料金の変更はありません。
実質、値下げとなっております。
今後も当院をよろしくお願いいたします。