ホーム >

パイプカット

奥様のためにパイプカットを。

パイプカットとは、精巣で作られた精子を精嚢まで運ぶ精管をカットして確実に避妊する方法です。 精管をカットすることにより、精子は出なくなりますが、精液は別のルートで今まで通り出るので、射精感を損なうことはありません。

この治療は母体保護法に基づいて行うもので、妊娠が母体の健康に重大な悪影響がある場合に認められています。複数のお子様がいらっしゃる夫婦で配偶者の同意が必要です。


パイプカットの効果

この治療をすることにより、避妊具を使わずに100%避妊できますので、女性自身も不安を感じることなく安心してセックスを楽しむことができます。しか し、 一度パイプカットを行うと、一度切断した精管をつなぎなおすことは非常に困難です。治療をお考えの方は、夫婦間でよくお考えになってから決められることを おすすめします。


治療方法


当院独自の無痛麻酔法にて治療部位を無痛状態にし、陰嚢を左右2箇所切開します。 左右ある精管を医療用の糸で結紮し、精管をカットします。この時にカットした精管の両端の断面を電気凝固します。



パイプカットのスケジュール

電話 0120-973-111
またはメール予約で受診日時を予約(電話なら当日・直前予約も可能)
午前10時~夜22時までの間で予約可能
(土日祝日も同じ時間帯で予約可能)

・完全個室で院長による診察とカウンセリング
・治療終了までにかかる料金の説明

ここまで完全無料
配偶者の治療同意書をご持参になれば
カウンセリング当日にすぐ手術も可能です

手術当日 予約の時刻にご来院

・治療同意書(治療契約書・治療保証書)の説明と署名
・お会計
・消毒⇒完全無痛痲酔⇒院長による手術(約20~30分)
・手術後の注意事項の説明
・普通に歩いてご帰宅

・3日後よりシャワー可能

・心配なことがあれば、院長24時間電話で院長が直接お答えいたします。
・手術2か月後にご自宅で採取した精液をご持参
 (宅配便でご送付も可能です)

精子検査の結果ご報告(ご来院またはお電話)




治療効果

・精液検査にて残存精子が認められなければ手術は成功。その日から避妊の必要はありません。

・「もし妊娠してしまったら」といった不安感が男性はもちろんパートナーの方もなくなりますので、安心してセックスライフを楽しむことができます。

・ラテックスアレルギー等でコンドームが皮膚にあわなくお困りの方やパートナーが避妊具や低用量ピルといった口径薬が体にあわない方など避妊方法に制限がある方にもお勧めです。

・精液は今まで通り出ますがその中にいる精子だけいなくなりますので、射精感は治療前と同じようにあります。

・男性ホルモンを分泌しているところとは直接関係ありませんので、パイプカットをしてもホルモンバランスが変わることはありません。

・パイプカットをしても勃起力が低下したり、精力が落ちる心配もありません。


治療時間

20~30分程度

手術方法

当院独自の無痛麻酔法にて治療部位を無痛状態にし、陰嚢を左右2箇所切開します。 左右ある精管を医療用の糸で結紮し、精管をカットします。この時にカットした精管の両端の断面を電気凝固します。

手術後の注意

・シャワーは3日後から浴びられます。それまでは患部を濡らさないようにしてください。

・治療後7日間は激しい運動や飲酒を避けてください。

・性交渉は3~4週間後より可能ですが、体内に残存精子がいますので避妊しないまま性交渉をしますと妊娠する可能性があります。精液検査を受けて医師の許可がでるまでは必ず避妊してください。

・精液検査は検査を受けるまでに最低20回以上射精してから精液検査を受けてください。

・切開部は縫合しますが、使用する糸は吸収糸(自然に解ける糸)なので、抜糸に来院していただく必要はありません。基本的に治療日と精液検査の2回(精液検査を宅配便利用の場合は1回)だけの通院となります。

・患部をぶつけるようなことが無ければ、当日より普段の生活や仕事ができます。


治療後は体質や健康状態で変わることもありますので、治療当日、院長ならびにカウンセラーのお話を優先して下さい。

 

施術例

施術例の画像を閲覧したい方は、体験談・施術報告ブログをご覧ください。