ホーム > 包茎手術

アフターサポート

当院では、治療後お帰りになってから不安なことやアフターケアのことなどを24時間アフターケア無料電話にて、院長が直接お答えしています。治療後も当院なら安心です。

●仮性包茎

仕上方法 通常仕上げ 無包帯ラッピング法
通 院 当院の亀頭直下埋没法は、基本的に通院の必要はありません。
ご心配な点がございましたら遠慮なくご相談くださいませ。
治療当日 体を拭くだけにしてください。 (洗顔・洗髪はOK)

無包帯ラッピング法は、治療当日よりシャワーOK。

患部にボディーソープがついても問題ございません。 また、煩わしい包帯を毎日交換する必要もありません。

治療翌日から3日目まで ビニール袋やコンドームで患部 (包帯)を濡らさなければシャワーが浴びれます。(上手にシャワーに入って頂くコツや患部を濡らさないようにする物等は来院当日に詳しくご説明させて頂いております。)
3日後から 患部をシャワーや石鹸でキレイに洗ってください。シャワー後は再度包帯をご自分で巻いて頂きます。

患部をシャワーや石鹸でキレイに洗ってください。

●カントン包茎

基本的には通院の必要はありません。ご心配な点がありましたら遠慮なくご相談下さい。

仮性包茎と術後の生活は同じですが、今まで亀頭が包皮で隠れていた方は亀頭が敏感になっています。 術後1~2週間は下着に触れるとヒリヒリする場合がありますので、ブリーフやきつめのボクサーパンツを着用して頂き患部をおさえると楽になります。(他に もヒリヒリ感を解消する方法がありますので、ご心配な方はカウンセリング当日にカウンセラーにご相談下さい。)

●真性包茎

基本的には通院の必要はありません。 ご心配な点がありましたら遠慮なくご相談下さい。

真性包茎 仮性包茎と術後の生活は同じですが、今まで亀頭が露出していない状態が続いていましたので、亀頭部が敏感になっています。カントン包茎と同じように注意し て頂く必要がありますが、ヒリヒリ感の解消法を守って頂ければ、日常生活に支障を与えるほどのヒリヒリ感はありません。 このように、包茎手術は入院や通院の必要はありません。また、お仕事も内容にもよりますが、患部に直接当たるようなことを避けて頂ければ通常通りできま す。(治療当日はお休みになるのが望ましいですが、治療したその日からお仕事されている方も沢山いらっしゃいます。) 治療後は体質や健康面、症状で変わることもありますので、治療当日、当院長ならびにカウンセラーのお話を優先して下さい。

このように、包茎手術は入院や通院の必要はありません。また、お仕事も内容にもよりますが、患部に直接当たるようなことを避けて頂ければ通常通りできま す。(治療当日はお休みになるのが望ましいですが、治療したその日からお仕事されている方も沢山いらっしゃいます。) 治療後は体質や健康面、症状で変わることもありますので、治療当日、当院長ならびにカウンセラーのお話を優先して下さい。

施術例

施術例の画像を閲覧したい方は、体験談・施術報告ブログをご覧ください。