ホーム > 包茎手術

包茎手術

~札幌共立メンズクリニックの包茎手術は、当クリニックで手術を受けられた患者様のご紹介、大学病院をはじめ医療機関からのご紹介が多く、北海道内外で活躍中の医師の方に手術を受けて頂き、高い評価を得ている手術です。~

アフターサポート

包茎とは

通常、人は誰でも新生児のときは包茎ですが、幼児から少年期になるにつれて陰茎が成長して、思春期 には自然に亀頭が露出された状態になります。
ところが、陰茎の成長が包皮の長さより短かった場合、亀頭は完全に露出しません。
また、包皮の出口が小さかったり、亀頭と包皮が完全にくっついている(癒着)、などの理由で大人になっても亀頭が露出できない状態を「包茎」と言います。
本 来は亀頭部分も発達して大きくなるものですが、包茎の状態のままだと、包皮がかぶっていることで亀頭の成長が阻害されてしまい、小ぶりな亀頭のまま大人に なってしまいます。男性器の発育も第2次成長期で終わり、その後男性器は大きくなることはありませんし、成人の方が包茎のままでいますと、亀頭が包皮に圧 迫されることにより「亀頭の先細り」が進行します。
その他にも包茎であることのデメリットは沢山あります。少しでも「包茎」で気になる方は思い切って共立メンズクリニックにご相談ください。男性の院長と男 性カウンセラーが親身にお答え致します。

包茎には3種類のタイプがあります。

●仮性包茎

日本人に一番多い包茎のタイプです。普段は包皮が亀頭を覆っていますが、手でむけば簡単に露出させることができます。

勃起時に亀頭が自然に露出するものから、勃起時でも、ほとんど皮が被った状態の仮性包茎まであります。

また、通常時に亀頭の「カリ」の部分で包皮が止まっているが、手で包皮を亀頭にかぶせると亀頭が包皮に 覆われる方も仮性包茎になります。 仮性包茎の方は、通常時はアカ(恥垢)が溜まりやすく、余っている包皮で亀頭が保護されているため、亀頭が過度に敏感になって早漏の原因になり、余ってい る包皮がじゃまをして相手の女性にも有効な刺激を与えることができません。

逆に、余った包皮が性感を鈍らす事があります。近年、勃起不全(ED)の原因の1つに「包茎の悩み」がありますが、そのほとんどの方は仮性包茎です。

●カントン包茎

無理をすると包皮をむくことができるものの締付感がある方や、亀頭を露出する際に包皮に痛みのある方がこのタイプです。

この締付感は「絞扼(こうやく)」と言われるもので、絞扼が強い方は、包皮をむいた状態にしておくと包皮が戻らなくなり、亀頭の下で水ぶくれのように腫れてしまうことがあります。

絞扼が弱い方も、ある日突然性交渉時に包皮に痛みが出たりするケースがあり、そのままにしておくと絞扼が徐々に強くなって重症化することもあります。

また、体調の変化によっても絞扼が徐々に強くなる方も多いです。 少しでも締付感のある方は、専門医による早期治療をお勧めします。

●真性包茎

通常時・勃起時を問わず全く包皮をむくことのできない方はこのタイプです。

このままの状態だと、亀頭と包皮の間を清潔にすることができず、様々な病気の温床になります。

性交渉時も上手に射精ができないため、お子さんを作ることも困難なことがあります。

また、亀頭が常に包皮に覆われているため、亀頭の成長を妨げ、「亀頭の先細り」になりがちです。早急に専門医による治療をお勧めします。

包茎による来院理由

人それぞれ様々な悩みがありますが、これはほんの一部です。
この来院理由に当てはまる方も、また違う悩みのある方も、札幌共立メンズクリニックで一緒に治療を考えませんか?

包茎のままでいると?

目には見えませんが、男性器には無数の細菌が包皮と亀頭に繁殖しています。

これは、身体には害の無い細菌であり通常誰にでもいるもので、他から害のある細菌が来た時に感染を防ぐ役割をしています。 しかし、この害の無い細菌も異常に多く繁殖したり、小さな傷から体内に入った場合は炎症を起こす原因になります。

包茎の状態だと、亀頭と包皮の間は、湿って温かい分泌物の多い環境になるので、細菌の増殖にはすごく適しています。 そのため、包茎の方が亀頭包皮炎を起こすことが多いのです。

初期の状態では、かゆみが出て包皮が赤くなり、重度になると包皮がジュクジュクした感じになり徐々に包皮が縮んで硬くなる方もいらっしゃいます。
皮膚が縮んで硬くなると仮性包茎の方はカントン包茎へ、カントン包茎の方は真性包茎へと包茎の度合いも重度になります。

また、亀頭とかぶっている包皮の内側の皮膚は粘膜性の皮膚(口唇みたいな皮膚)になっているので、ウイルスにおかされやすい皮膚になっています。
コンジロームや性器ヘルペスがこの部分にできるのは、このような理由からなのです。

このほかにも、アカ(恥垢)が溜まりやすく、悪臭の原因になり、その恥垢に病原菌が付着すると性病になる恐れもあります。

このように包茎だと、女性から「不潔」「病気がうつる」「臭い」といったマイナスイメージを持たれ、嫌われる原因にもなりかねません。 相手の女性に対してのエチケットや自分自身の病気予防、生活など考え、きちんと治療することをお勧めします。

最新の包茎治療

共立メンズクリニックでは、男性の気持ちを考え、5つの約束をします。

当院では、上記の約束を守ることにより、質の高い最高の治療をすべての患者様に提供させて頂いております。

※よくありがちな出張医師、アルバイト医師、経験の浅い未熟な医師が対応することは一切ありません。

短時間で仕上がるクイック埋没法


軽度な仮性包茎の方は、わずか10分で仮性包茎を治すことが可能です。

最新無痛麻酔法で治療部位だけ無痛状態にし、院長が考案した特殊な糸で包皮を固定します。治療当日から性交渉可能です。

美術的な仕上がりの亀頭直下埋没法


共立メンズクリニックでは、院長が男性の為に開発した最新無痛麻酔法を導入し、亀頭直下埋没法で美術的に仕上げます。

この方法は、一人一人に合わせたデザインから始まります。

人それぞれ大きさや長さ、形は違うもの。そこで、勃起時の状態を想定して環状溝(カリ首下にある溝)から1~3ミリのところから余剰包皮を計測し、最も敏 感な性感帯である包皮小帯は残すようにデザインします。 このようなデザインをすることにより、キズはカリ首の下で隠れて見えなくなり、「ツートンカラー」になることもありません。

院長が包茎治療のために独自に考案した「完全無痛麻酔法」。

麻酔は、2万人の患者様に手術をしてきた経験と25年の研究から開発した完全無痛麻酔を行ないます。共立メンズクリニックで独自に調合した最適な濃度のブレンド麻酔を使用します。 包茎手術に最も適している根部麻酔法を行ない、ペニスが完全に無痛状態になっていることを患者様に確認してから手術を始めます。 治療を受ける感じとしては、「歯医者さんで歯の治療を受けるくらいの感じ」とお考え下さい。今まで当院で治療を受けられた患者様からは、「歯医者の治療よりもずっと楽だった」とのお言葉も多数いただいております。

カットは先にあるデザインに沿って丁寧に行います。

共立メンズクリニックでは、キズが大きく残りやすい高周波メスやレーザーメスは一切使用しません。せっかくキレイにデザインされたものも無駄になってしまうからです。キズの仕上がりはカットと縫合方法で大きく変わるものです。顔の治療にも使われる細い糸を使用し、美容外科的縫合方法で細かく一針一針丁寧に行っていきます。治療後、縫合した跡をご覧頂くと、その丁寧さがわかります。 共立メンズクリニックの包茎手術は最新の包茎手術用に開発された抜糸の必要の無い溶ける糸を使用しますので、自然な感じに仕上がり、遠方の患者様でも安心して治療を受けて頂けます。このような治療は高度な技術を持った医師しかできません。 札幌共立メンズクリニックでは最高の技術を皆様に提供します。

包茎手術のスケジュール

電話 0120-973-111
またはメール予約で受診日時を予約(電話なら当日・直前予約も可能)
午前10時~夜22時までの間で予約可能
(土日祝日も同じ時間帯で予約可能)

・完全個室で院長による診察とカウンセリング
・モニター様の症例写真を見ながら院長が治療法の説明
・治療終了までにかかる料金の説明

ここまで完全無料
無料カウンセリングだけで帰宅なさってもよいし、
カウンセリング当日にすぐ手術も可能です

包茎手術当日 予約の時刻にご来院

・治療同意書(治療契約書・治療保証書)の説明と署名
・お会計
・消毒⇒完全無痛痲酔⇒院長による手術(約15分)
・手術後の注意事項の説明
・普通に歩いてご帰宅

・翌日より全身シャワーが可能
・ご自分で化膿止めの薬を1日1回つけていただきます
・7日後より湯舟に入れます

・心配なことがあれば、院長24時間電話で院長が直接お答えいたします。
・原則として通院の必要はありませんが、ご心配なことがあれば、手術後無料診察も承っております。

約1か月後より、男性としての力を発揮!
人前でも臆することなく、自信を持って行動できます。

施術例

施術例の画像を閲覧したい方は、体験談・施術報告ブログをご覧ください。